バリフで経済的に性生活を支える

バリフはレビトラのジェネリック医薬品として知られています。
レビトラと同じ有用成分のバルデナフィルを使用しているため、服薬から最短で約15分で発現するという即効性が特徴でもあります。
また食事の影響も受けにくいとしているので、服薬のタイミングを選ばずストレスがありません。
効果そのものはレビトラと同じですが、レビトラに代わりバリフが人気となっている理由には薬価の安さがあります。
先述したようにバリフはレビトラのジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品は後発医薬品とも言われますが、新薬の医薬品特許が切れた後に同じ有用成分と製造方法で作られる医薬品のことです。
そのため新薬と同等の品質と効果を持つ医薬品であるにも拘らずコピー品ですので、開発・製造に費用がかかっておらず、その結果、新薬よりも安く市場に提供できるというわけです。
ただし、レビトラの医薬品特許は現在も続行中です。
そのため本来はレビトラのジェネリック医薬品は存在しません。
では、何故バリフが存在するのでしょうか。
バリフはインドの製薬会社が開発したジェネリック医薬品です。
実はインドでは他国と特許法が異なり、製法特許は認められていますが成分特許は認められていません。
よって、同じ成分を用いても製法を真似なければ、それは違法ではないのです。
そのためインド国内においては特許期間中の新薬のジェネリック医薬品を製造することが可能となっています。
製造しているのはインドの大手製薬会社アジャンタファーマ社ですので、もちろん商品の品質自体に問題はありません。
日本国内では販売されていませんので、購入するとしたら個人輸入をすることになります。
医薬品の個人輸入は薬事法でも認められている手段ですので、利用すること自体は合法です。
しかし、輸入者本人が個人的に利用をすることと輸入量を守ることが規定されています。
よって、譲渡、転売、贈り物としての購入は禁止、用法用量から見て1か月分の購入が可能なので1度に30錠までなら輸入できます。
1箱10錠入りですので、つまり1回の個人輸入で最大で3箱までの購入ができるということになるでしょう。
薬価は1錠200円程度で、まとめ買いするほど1錠あたりの価格も安くなります。
そのため継続的に使用する予定があるのなら、まとめ買いをしてしまった方がお得です。
医薬品の個人輸入をする際には、個人輸入代行業者を介して購入をするのが一般的です。
個人輸入代行業者のサイトを介して、商品を通常のネット通販と同じ要領で注文します。
ネット注文をしてお金を払えば、後は代行業者が海外へ発注してくれますので、消費者は手元に商品が届くのを待つだけです。
海外から直接送られてくるため、10日程度は余裕を持って注文するようにしましょう。
ちなみに探してみると医薬品の個人輸入代行業者がいくつか存在しますが、安全性に配慮して大手を利用することがお勧めされています。