多くのEDに悩む男性を救って来たジェネリック版ED治療薬

 

現在でこそ、日本でもED治療薬のジェネリックは開発されるようになりましたが、かつては日本では新薬であるバイアグラやレビトラ、シアリスしかED治療薬の選択肢はありませんでした。
また、これらのED治療薬は、日本では医師の処方を受けなければ入手できず、保険も利かないことから価格が高額でした。
高額な治療薬の購入費用は、ED治療を求める方にとってのネックとなっていたのです。
こうした状況下で、EDに悩む多くの男性を救って来たのが、個人輸入代行業者です。

個人輸入代行業者は、海外の医薬品の輸入手続きを購入者に代わって行ってくれる業者なのですが、個人輸入代行業者を通せば、安価なジェネリック版のED治療薬を購入できることから、EDに悩む多くの男性が個人輸入代行業者で安価に問題を改善することを実現してきたのでした。
さて、海外で流通しているジェネリック版ED治療薬は、大きくわけて3種類です。

その3種類とは、先に挙げたバイアグラとレビトラ、そしてシアリスのそれぞれのジェネリックです。
この3つのED治療薬はそれぞれに主成分が違っており、効果の出方や持続時間などもそれぞれに違っています。
たとえば、バリフというレビトラのジェネリック版ED治療薬がありますが、この治療薬はバイアグラ・ジェネリックなどと比べて効果があらあわれるのが早いという特徴を持っています。
この特徴により、カップル間のムードが高まった時に服用することですぐに効果を発揮してくれるのです。
また、バイアグラは食事をとった後に服用すると効果が弱まってしまうのですが、レビトラ系のED治療薬は食事の影響を受けにくく、700Kcal程度の食事なら効果が下がらないという特徴も持っています。

一般的なチェーン店の牛丼一杯が700Kcalなので、この程度の食事ならバリフの効果に影響を与えません。
このように使いやすい特徴を備えているレビトラ系のED治療薬であるバリフは、個人輸入代行業者を通じてとても安い値段で購入することができます。
多くの個人輸入代行業者では、医薬品をまとめ買いすることによって、購入費をディスカウントしてくれるシステムを持っているのですが、このディスカウントを利用することによって、バリフは1錠あたり120円強まで値段が下がります。

ちなみに新薬であるレビトラは、主成分が20mgのものを医師から処方されると一錠あたり2,000円するので、その価格差は一目瞭然です。
このように安くて効果が高いジェネリック版ED治療薬は、個人輸入代行業者の大人気商品です。
ただ、個人輸入代行業者で購入した医薬品は、完全に自己責任で使用しなければなりません。
ですので、副作用や使用禁忌について事前に調べてから購入する必要があります。

取扱商品についての丁寧な解説が記載されている個人輸入代行業者のサイトなら、バリフの副作用や使用禁忌もチェックすることができます。
こうした注意点も踏まえた上で使用するなら、個人輸入代行業者で買えるジェネリック版ED治療薬は安価で安全な素晴らしい商品なのです。